私が一押しのプロバイダーは…。

ワイモバイルというのは、docomoなどと同じ様に自社にてモバイル用通信回線網を所有し、独自にサービスを市場展開しているMNO(移動体通信事業者)で、SIMカードのみの販売も実施しているのです。

LTEと同じ高速モバイル通信が期待できるWiMAXという通信規格も存在します。大体ノート型PCなどで利用するという人が多く、「時間や場所を厭わずWiFi高速通信を可能にする!」というのが一番の魅力ではないでしょうか?

現時点での4Gというのは正式な形での4Gの規格とは別物で、日本では今のところ市場提供されていないモバイル通信サービスということになります。その4Gの正式な市場投入までの一時的な規格としての役目を担うのがLTEと呼ばれるものです。

モバイルWiFiの一ヶ月の料金は安くて2000円台・高くて4000円台となっていますが、プロバイダーの中にはキャッシュバックを目玉にしているところが見受けられます。このキャッシュバック額をすべての経費から差し引いたら、実質支払額が算出されます。

モバイルWiFiを安く利用したいなら、端末料金とか月額料金以外に、初期費用とかPointBack等を完璧に計算し、その合計した金額で比較して安いと思われる機種を購入するようにしてください。

プロバイダー各々が提案しているモバイルルーターの1か月毎の料金やキャンペーンを比較して、ランキングにしました。どれが良いか迷っている人は、率先して目を通していただきたいです。

ワイモバイルのポケットWiFiが良いというレビューを見て、初めて使ってみたけれど、これまで所持していたほとんど変わらないサービスを推進している同業他社のモノと比較しても、通信クオリティーなどの面はほとんど変わらないと思いました。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを継続しているプロバイダーが複数存在していますが、キャッシュバックキャンペーンは一切行なっていないプロバイダーもあるので、意識しておきましょう。

ひと月のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」が注目を集めていますが、WiMAX2+には「通常プラン」というのもあるのです。この「通常プラン」は、「データ使用量は最大7GBまで」という設定となっています。

巷で噂のWiMAXを使用したいという人はたくさんいらっしゃることと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+の違いは何かが分かっていない」という人に役立ててもらえるように、その違いをご紹介させていただきます。

WiMAXの最新鋭モデルとして登場することになったWiMAX2+は、そのWiMAXの3倍という速度でモバイル通信が可能なのです。それにプラスして通信モードをチェンジすることにより、WiMAXとWiMAX2+ばかりか、au 4G LTEも使うことができます。

私が一押しのプロバイダーは、キャッシュバックを40000円に迫る金額にしているので、モバイルWiFiの月額料金が一見高いとしましても、「トータル的に見ればこちらの方が安い」ということが考えられるというわけです。

「WiMAXないしはWiMAX2+が欲しい」とおっしゃる方に伝えたいのは、念入りにプロバイダーを比較するようにしないと、2〜3万円位は損する羽目に陥りますよということです。

WiMAXとはモバイルWiFiルーターの一種で、家の中は勿論、外出中でもネットを見ることができ、その上ひと月の通信量も無制限だという、大注目のWiFiルーターです。

モバイルルーターの販売戦略として、キャッシュバックキャンペーンを開催しているプロバイダーも見受けられます。キャッシュバック分を差し引いて考えた料金を比較して、ランキング一覧にしました。出典:WiMAXプロバイダ比較

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です