今の段階でセールスされている色々なモバイルルーターの中で…。

WiMAXと申しますのは、モバイルWiFiルーターと呼ばれている端末の1つで、部屋にいる時でも屋外でもネットを利用することが可能で、それに加えて1カ月間の通信量も無制限となっている、非常に評価の高いWiFiルーターだと言って間違いありません。

モバイルWiFiをいずれの機種にするかを月毎の料金のみで決断すると、酷い目に会うことが多いので、その料金に焦点を当てながら、その他で気を付けなければならないポイントについて、懇切丁寧に解説しようと思います。

ほとんど全てのプロバイダーが、電子メールを通して「キャッシュバックを振り込む準備ができました。」という案内を送ってきます。契約をした日から長く期間が空いてのメールということになるので、気付かないことも少なくないようです。

「ポケットWiFi」と言いますのは、「ワイモバイルが市場に供給している全WiFiルーターを指している」というのが正しいのですが、「外出中でもネットを出来る様にしてくれる端末全部を指す」のが一般的になっています。

WiMAXギガ放題プランにつきましては、総じて2年間ごとの更新契約をベースに、月額料金の値引きやキャッシュバックが敢行されるのです。その点をきちんと受け止めた上で契約しましょう。

全く一緒のモバイルルーターだとしましても、プロバイダーが異なれば月額料金は異なります。このWEBページでは、評判のいい機種を“料金”順でランキングにしてありますから、比較していただければ嬉しいです。

今の段階でセールスされている色々なモバイルルーターの中で、長年の利用経験からおすすめしたいのはどの機種になるのかを、そこまで通信関連には興味がないという方にもわかるように、ランキング形式でご紹介します。

プロバイダーによって変わりますが、キャッシュバックで手にすることができる金額は他社ほど高額ではないけど、申請手続きを手間のかからないものにしているところも見られます。そうした実態を比較した上で選定してほしいと思います。

ポケットWiFiと言いますのはソフトバンク株式会社の商標になっているのですが、ほとんどの場合「3Gとか4G回線を経由してモバイル通信をやる」際に欠かすことができないポケットにも入るようなWiFiルーターのことを指すと考えていいでしょう。

スマホで接続しているLTE回線とシステム上違っている点は、スマホは本体自体が直接に電波を受信するというのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターで電波を受信するというところだと考えていいでしょう。

速度制限を規定していないのはWiMAXのみというイメージかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式の変更により、速度制限が掛かることなく使用することができる「アドバンスモード」と呼ばれるプランがあります。

どんなモバイルルーターにも3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限が設けられております。ですが常識を逸脱した使い方さえしなければ、3日間で3GBに到達することはほとんどないので、それほど不安になる必要はないと言えます。

docomoやY!mobile(Yモバイル)だと、3日間で1GBを超えることになると、所定の期間速度制限が行われますが、WiMAX(ノーリミットモード)でしたら、そういった制限はないのです。

本当にワイモバイルとWiMAXという2つの機種のモバイルWiFiルーターの速度や1カ月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度を除外したほとんどの項目で、WiMAXの方が優っていると分かりました。

月々のデータ通信量が制限されることのないWiMAX「ギガ放題」の各料金を、プロバイダーすべてを対象に比較して、推奨順にランキングにしました。月額料金だけで判断すると失敗します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です