WiMAXが使えるのかどうかは…。

速度制限を設けていないのはWiMAXのみというイメージが強烈にあるかもしれないですが、ワイモバイルにも通信方式の切り替えにより、速度制限が掛かることなく使うことができる「アドバンスモード」という上位プランがあるのです。

WiMAXギガ放題プランと言いますのは、大概2年間という単位の更新契約を原則として、月額料金の値下げやキャッシュバックがあるのです。その点を了解した上で契約してください。

毎月毎月のデータ使用量に制限のない「ギガ放題」に加えて、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在します。こちらのプランということになると、「データ使用量の最大値は7GB」となっております。

WiMAXの1か月間の料金を、できる範囲で低く抑えたいと考えているのではありませんか?そういった人を対象にして、1ヶ月の料金を安く上げるための契約の仕方を伝授させていただきます。

以前の通信規格と比較しましても、圧倒的に通信速度がレベルアップしており、いろんなデータをあっという間に送受信できるというのがLTEの特長です。今の社会にマッチする通信規格だと言ってもいいと思います。

WiMAXモバイルルーターと呼ばれるものは、機種個々にCA方式と4x4MIMO方式のどっちかの通信技術が採用されていると聞いています。感度が異なるはずですから、そこを心に留めて、どの機種を買い求めるのか決定してください。

同じ機種のモバイルルーターであろうとも、プロバイダーが違えば月額料金は違ってきます。こちらのサイトでは、今流行りの機種を“料金”順でランキング化していますから、比較していただければ嬉しいです。

WiMAXの後継として登場することになったWiMAX2+は、従来モデルであるWiMAXの3倍という速さでモバイル通信ができるようになっています。もっと言うと通信モードをチェンジしたら、WiMAXとWiMAX2+に加えて、au 4G LTE回線も利用できる様になっています。

LTEというのは、スマートフォンとか携帯電話などに採用されている最新の高速のモバイル通信技術になります。3G回線と4G回線の間に位置する規格ということもありまして、WiMAXと同様3.9Gにカテゴリー化されます。

自分なりにワイモバイルとWiMAXという支持する人が多い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1カ月毎の料金などを比較してみましたが、上位機種に関しての下り最大速度を除いたほぼ全部の項目で、WiMAXの方が上を行っていることが分かりました。

プロバイダーにより違いますが、キャッシュバックでもらえる額は思っているほど高額だとは言えないけれども、手続きそのものを手間暇が掛からないように工夫しているプロバイダーも存在しております。そのあたりも比較した上で1つに決めてほしいですね。

モバイルルーターをより多く売り上げる為に、キャッシュバックキャンペーンを展開しているプロバイダーも存在します。キャッシュバックを踏まえた料金を比較検証してみた結果をランキングにして掲載しております。

「GMOとくとくBB」という名称のプロバイダーは、高額なキャッシュバックキャンペーンをやっていますが、その現金を手堅く入金してもらうためにも、「キャッシュバック振込案内メール」が受信できるようにメール設定しておくことが大切です。

WiMAXが使えるのかどうかは、UQコミュニケーションズがインターネットで公開している「サービスエリアマップ」を見たら判断できると思います。怪しい時につきましては、「ピンポイントエリア判定」を利用すればわかるはずです。

WiMAXでは、複数社のプロバイダーがやっているキャッシュバックキャンペーンが注目を集めていますが、このページでは、WiMAXは現実に通信量制限がなく、時間を意識することなく使用できるのかについて整理しております。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です